,

後鼻漏 あきらめないで漢方相談をして下さいませ

         
秋の漢方養生
ひんやりとした冷たい風が吹き 鼻 咳やのどの痛みといった不調に悩まされることも多くなります

のどは呼吸を行い、食べ物や水分を 飲み込む器官そのため

肺や胃腸(脾胃)を 丈夫にしておく事が大切です。

肺の強化に衛益顆粒 麦味参顆粒
脾胃の強化に 補中丸 健脾散 等を おすすめします。


今 喉を潤し炎症をしずめる 白龍散のお茶が 入荷中です。
















夏の漢方養生

吐き気 腹痛  下痢に  





































春の漢方養生



                                                     










冬をとおして注意すべきこと
 寒冷の気候は血管を収縮させ血流障害を引き起こす要因。                        
冬は高血圧、脳卒中、狭心症の発症率が高いので
早めに予防しましょう。

 血流改善の食材    玉ねぎ、しょうが、黒きくらげ、青背魚(いわし・さんま など
 
よく使われる生薬
      丹参 川きゅう 紅花 田七 など



                                              

秋本番、爽やかで 過ごしやすい季節になりますが、これからの時期は咳や喉の痛みといった不調に
悩まされることも多くなります。のどが弱い状態のままでは、かぜも引きやすくなってしまうので
要注意。身体の働きの うちで肺の機能や腎の機能を高めて 風邪をひきにくい体質に したい
ものです。


麦門冬湯 イスクラ麦味参顆粒、 イスクラ八仙丸、 
ゆり根含有食品 等の漢方薬で 体質を強化し 柿や梨などの果物
を少量とって 喉をうるおして下さいませ。










 

 
 
 
 
 
 
 





アイコン
冠元顆粒

子宝相談

皮膚病、アトピー
 
メール
 
トップページ
  
ササヘルス
 
免疫力増加